HOME > Blog

Blog

開店

岐阜市長良にて、ソフトな雰囲気の洋菓子店が完成しました。
強い個性というよりは控えめで、尖る事なく穏やかな、それでいて職人気質で強い理念を持った、
そんなオーナーさんの人柄がお店の雰囲気にも表現することができました。
きっと多くの方に愛されるお店になると思います。

パティスリーすぴか
本日、午前10時開店です。

岐阜市上土居1丁目5-2



pâtisserieすぴか

ケーキ屋さんとしては激戦区、岐阜市長良にて
6月24日オープンします。

ショップカード、届きました。

ライムグリーンはオーナーさんの好きな色
すぴかは奥さんの生まれ月の星座、乙女座の一等星

多くの人に愛されるお店になって欲しいです

PLUS1Livingの山麓のいえ

PLUS1Livingの夏号より
「里山と海辺の平屋の暮らし」という特集の中で、山麓のいえが紹介されました。
「人とのふれ合いを促す環境をつくるため、中と外を隔てる本来の玄関の役割をなくしました」と話す、白木でした。

掛け声は、えいえいえい!

5月23日、地鎮祭、稲沢
あったりなかったり、今回は久しぶりの鋤入れをしました
大きくはっきりと、「えいっえいっえいっ!』という訳にはいかず、「…えいえいえい」と
あー、苦手
大きな声を出すのがほんと苦手。。
こんな時、設計士の器量が試されます。。。

11月の完成を目指します。

墨俣のいえの建方

この素朴な佇まい、普通であるという個性
20坪の小さくシンプルなプランですが、手間のかかる部分があり決して簡単ではなく、
目に見えづらい部分にこそ熱のこもった、"らしい"物件になりそうです。
暑い一日の今日、建方でした。9月末完成を目指します。

6月25日はアトリエ山ノ谷

アトリエ山ノ谷

敷地内に建てた小屋の名称です。

ギャラリーとして、この場所から暮らしにまつわる様々なものをセレクト、発信していくこと。
それが妻の目標の一つでした。

夢半ばで旅立った妻のやり残したこと、それを受け継いでいくことが大きな使命の一つと思っています。
一人でできなくても、友人知人、初めはクライアントだった方、スタッフ、多くの人に助けられながら、彼女の意思を少しずつ形にしていけたらと思っています。

今もこの場所に生き続ける美意識やセンス、それらが息づく空間で、そういったものを感じられる時間が作れたらと思い、妻のやりたかったことの一つとして
来月6月25日の日曜日、アトリエ山ノ谷で小さなマルシェを開きます。

6月25日は彼女の誕生日、彼女の産まれた紫陽花の頃に、ぜひ足を運んでいただけたら幸いです。


当日は、ピュウデザイン事務所内にて、ちょっとした展示も予定しています。
自宅も一部を除き内覧可能です。

この機会に合わせてお楽しみいただけたらと思います。
625DM02.jpg

斜めの部分がいい基礎

墨俣のいえが着々と進んでおります。

しっぽのようにくっついた、斜めの部分が大変お気に入りです。


風と木のいえ(仮)

ゆっくりと進む計画中たくさんのことがあって、想いも移りゆくのか、ゆかないのか。
少し時間を置くと色々と冷静に見えてくる部分もありますが、初めの想いが揺るぎないものと確信に変わることも。
模型を見て確信、お気に入り。

ピンポンと喫茶

まだまだ先ですが、卓球場併設の喫茶室の計画です。
舞台セットの様な模型ですが、実際この様には見えません。。。
ただ、この場所でのシーン一つ一つがストーリーを作り上げる
そんな場作りが出来ればと思っています。

犬山のいえ

先日引き渡しを終えた犬山のいえ
6月の着工から、実に9ヶ月
そういう家の作り方もあり続けていいと思います。
時間がかかればコストもかかるけど、実寸のスケールでしか確認できない物を作る体験は一生にそうそうない物ですからね。

楽しさもあれば苦しみもあったりしますが、出来上がったときの嬉しさがある限りやめられない、半ば病気の様な物かなと思います。
これから庭が出来、その土地に住む事で生まれる暮らし、地域との関わり、彩り豊かな暮らしを期待します。

20170321_1.JPG

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ