HOME > Blog > アーカイブ > 2016年9月

Blog 2016年9月

岡崎のいえ

9月25日、岡崎のいえ、引き渡しでした。

着工からヶ月、建物自体が大きめなうえに複雑で、細部にもこだわり、相変わらずの現場で決める、変更もある、悩む、のスタイルが、とことん工事を引き延ばしましたが、ようやく引き渡しの日を迎える事が出来ました。
設計の仕事に携わるご主人と、スケール感やディテールの打ち合わせをするのですが、専門的になる部分も多く、きっと奥さんや、お子さんたちにはイライラさせちゃったんじゃないかな。。と思いつつ、楽しい物件になりました。

スケジュールの都合もありオープンハウスが出来なかったのが残念ですが、また緑が生い茂り、生活の場として生きた建物になった時、何かしらの機会が頂けると期待しています!

 

20160925_3.JPG20160925_4.JPG

 

 

ステンレスフェイスのキッチンに、メトロタイル、ツェツェのキッチンラックにモールテックスで仕上げたキッチンカウンター。

モルタル色の床タイルとフレイムのアームブラケット。

定番要素の盛り合わせですが、ぐちゃぐちゃにならない様、バランスと統一感に注意して。

 

20160925_2.JPG


子供部屋は3帖ないくらい

並木道のいえ、着々と進んでいます。

2階子供部屋は、吹き抜けと階段室を介して緩く繫がっていて、実際の広さよりも開放的に感じます。

ちなみにご主人の書斎は1.5帖くらい。押入並です。

でもここが、この家のワンポイントとなる部分でもあったりします。


今日晴れたのは奇跡

月、星、太陽のいえ、建方でした。
朝、決行の連絡をもらった時は、さすがに「嘘お!?」と思いましたが、読みは的中、ほとんどの時間が雨なく、晴れの日にさえなりました。
 

24坪、その数字よりも広く感じる室内空間と、ノスタルジックな外観。

贅沢なまでのロケーションに、慎ましくたたずむ小さな家が、今日無事に上棟しました。


7と12

今日は息子くんの7才の誕生日。

それは順調に、強く明るく。今年小学一年生になった彼は、何を思いどんな子に育っていくのか。

いつまでも面白おかしく、そして優しく。そうあって欲しいと父は願います。

 

そして昨日9月17日は、ピュウデザインの誕生日でもあり、今年で12才となりました。

まだまだ設計事務所として未熟ではありますが、毎物件が繰り返しにならない学び続ける気持ちと、変化する事への欲求、楽しむ事の大切さを失わず邁進していきたいと思います。

 

お祝いは、簡単でごめんね。

これからいっぱい遊ぼう!


ここが好き、上川手のいえ

リビングからダイニングを覗き見る、ここが好きポイントです。

提案するほとんどのプランがリビングとダイニング、キッチンを分離する事が多いのですが、いつも心がけるのは、離しすぎず、繫がりすぎない程よい距離感を大切にする事。LDK一体のスタイルにアンチな訳ではないですが、リビングとダイニング、キッチンは、それぞれ、音もにおいも、時間の流れる速度も違う、別空間であるべきだと思います。それが一緒になっちゃう事で、落ち着かなさを感じるので、それを明確に、または何かしらのクッションを設けて分離します。何かしらのクッションは、段差であったり、一本の柱であったり、照明の明るさであったり、ちょっとした事でその効果は明らかです。

「上川手のいえ」はハイスペックという訳ではありませんが、あらゆる工夫とこだわりすぎないテクスチャーで、どこか普通でない、特別なスタイルを形作れたかなと思います。

10月2日日曜日、オープンハウスの予定です。


1

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ