HOME > Blog > 蘇原のいえ

Blog

< HNY2019  |  一覧へ戻る

蘇原のいえ

予算は2000万
普通は無理、建たないよ、なところを
なんとかしたい、叶えたいと、トライしたくなるのが性分なのです。

が、はたしてそれが良いのかどうか。。
色々我慢したり、スペックをセーブしたり
苦しむ事が多いので、お施主さんが頑張らないといけない部分が普通よりも多く、
時間も予算に余裕がある場合よりも多くかかります
それができるかどうかの器量とセンス、それをいかに楽しめるか。
が実現への一歩です

実際なかなか希望通りにはいかないというのが現実で、
特に大きさをいかに広げないか

工事費用のほとんどは大きさに関わる部分が多いため
大きさを一坪でも小さくすることが先ずは強いられ
かつ、それをうまくバランスすることも大切です

ちなみに建物を小さくすればするほど坪単価も上がり、2000万円くらいの予算の建物の場合、坪単価100万円ってことにもなります。
今までうまくいったケースは、仕様から何から一任いただいた場合か、すっごいお施主さんが頑張った場合

規模や構造にもよりますが、40坪くらいの木造住宅で色々したいことができるようになるのは4000万円くらいからがやっとといったところです。

設計する立場的にはいろいろできて面白い。
どちらが簡単とか難しいとかも無い
どんなケースでも良いものを作りたい気持ちは同じです。

さあ今年もがんばろう



< HNY2019  |  一覧へ戻る

このページのトップへ