HOME > Blog > 10ページ目

Blog 10ページ目

今日晴れたのは奇跡

月、星、太陽のいえ、建方でした。
朝、決行の連絡をもらった時は、さすがに「嘘お!?」と思いましたが、読みは的中、ほとんどの時間が雨なく、晴れの日にさえなりました。
 

24坪、その数字よりも広く感じる室内空間と、ノスタルジックな外観。

贅沢なまでのロケーションに、慎ましくたたずむ小さな家が、今日無事に上棟しました。


7と12

今日は息子くんの7才の誕生日。

それは順調に、強く明るく。今年小学一年生になった彼は、何を思いどんな子に育っていくのか。

いつまでも面白おかしく、そして優しく。そうあって欲しいと父は願います。

 

そして昨日9月17日は、ピュウデザインの誕生日でもあり、今年で12才となりました。

まだまだ設計事務所として未熟ではありますが、毎物件が繰り返しにならない学び続ける気持ちと、変化する事への欲求、楽しむ事の大切さを失わず邁進していきたいと思います。

 

お祝いは、簡単でごめんね。

これからいっぱい遊ぼう!


ここが好き、上川手のいえ

リビングからダイニングを覗き見る、ここが好きポイントです。

提案するほとんどのプランがリビングとダイニング、キッチンを分離する事が多いのですが、いつも心がけるのは、離しすぎず、繫がりすぎない程よい距離感を大切にする事。LDK一体のスタイルにアンチな訳ではないですが、リビングとダイニング、キッチンは、それぞれ、音もにおいも、時間の流れる速度も違う、別空間であるべきだと思います。それが一緒になっちゃう事で、落ち着かなさを感じるので、それを明確に、または何かしらのクッションを設けて分離します。何かしらのクッションは、段差であったり、一本の柱であったり、照明の明るさであったり、ちょっとした事でその効果は明らかです。

「上川手のいえ」はハイスペックという訳ではありませんが、あらゆる工夫とこだわりすぎないテクスチャーで、どこか普通でない、特別なスタイルを形作れたかなと思います。

10月2日日曜日、オープンハウスの予定です。


今年もやります建築系

今年のお盆休みは、結局11日〜15日まで毎日ほぼ仕事でした。

ほんとありがたい事。。。ごめんよ子供たち。

でも、うち一日は育った町の花火を見にも行けたし、物置のドアも付けれたし、それなりに充実。
どこの花火大会よりも子供の頃から見ている露店の風景や町並み、空気感、全てが染みます。
誰もが持っている原風景、大切にしたいです。


さて、そんなバタバタの毎日に、もうひとつ。

今年もやります、建築系。
その名も「建築系2」

今年は後藤くんも参加してくれます。

2016/9/16-10/2
12:00-17:00(金・土・日のみ)
小さい家
http://gifulittlehouse.com

お楽しみにー。

20160817_2.JPG


上川手のいえ

コストと意匠のバランスを大切にした工夫が、建物の個性に直結しています。
万人には受け入れ難いかもですが、一部の人に対してはとても興味深い仕様の家です。
工事もそろそろ佳境。

・・・と言いたい。

シメはハナビで

7月30日土曜日、土用丑の日。
日は友引、天気も良好、朝からまずは地鎮祭。

「月、星、太陽のいえ」
風光明媚な、木曽川沿いの国定公園にも指定されている立地に建つ、慎ましく素朴ないえです。
許可に時間がかかりましたが、いよいよ着工です。
目指せ年内完成!でも無理はしないで年度末?
20160730_3.JPG
今回もハシゴ。午後からは建方でした。
「犬山のいえ」
ボリューム感が新鮮な平屋で、周りの景観の中に存在感を持って佇む精悍ないえです。
こちらは年内完成、引き渡しを目指します。
20160730_2.JPG
そして帰って、長良川花火会場へと!
ぎりぎり間に合いました〜。
歩いて歩いて、終了10分前に目的地リビングデザインさんの事務所に到着。
シメは花火で乾杯。

長い一日。
20160730_4.JPG

ピカチュウデザイン

今日、名芸の前期授業の最終日でした。
前期はスペースデザインコースの3年生に、物と空間、その使い手との関係性をテーマにした実技課題を指導させてもらっています。

そして毎年この時期にオープンデスクの募集を声かけするのですが、今年とうとう「ピュウデザイン」を「ピカチュウデザイン」と読み違えられました!確かに、「ピ」と「ュウ」同じだし、ポケモンGOは話題だし、まあ、分からなくもないですが、、、。そこはそっとしておいて欲しいものです。。。

 

・・・写真と本文は何も関係ありません。


昨日はホワイト、今日は黒

ある雑誌の取材にて、昨日と今日、山麓のいえとおがせのいえに行って来ました。

どちらも相変わらずの"らしい"暮らしぶりに、設計させてもらえて本当に良かったと思う週末でした。

20160723.JPG

ついでに早めの盆踊り。

20160723_2.JPG


Rough Sketch

ラフプランで伝えたいのは、決して押しつけじゃない、ある一幕の情景と暮らしそのもののイメージです。
その後設計を進める時、考え方にズレがあっても補正出来るかどうか、更に深くイメージを掘り下げられるかどうか。
そこをうまく共有し進められれば、きっといい家作りが出来ると思っています。

上棟-並木道のいえ

年末、完成予定です。
20160721_1.JPG
20160721_3.JPG

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ