HOME > Blog > 6ページ目

Blog 6ページ目

オープンハウスのお知らせ

というか、

4月28日
TRUNKSHOW at ATELIER YAMANOTANI

にあわせ、7年目の自宅兼アトリエ

アトリエ山ノ谷


のオープンハウスを行います。

「アトリエ山ノ谷」

日時:30年4月28日(土)11:00〜16:00
 

雨天決行

場所:岐阜県岐阜市

 

内覧ご希望の方は Contact より、メールフォームにてお申し込みください。
 

お問い合せ内容に、オープンハウスご希望の旨を記載頂き、

・お名前

・参加人数

・連絡先e-mail

・ご希望の時間帯

・その他、ご質問など

をご記入下さい。

 

また、大変申し訳ありませんが、小さなお子様連れは、内部の見学に充分配慮いただくようお願いします。

抱っこ・おんぶ以外での未就学のお子様の場合、戸外で待機いただくことをお願いしております。

ご理解、ご協力お願いいたします。

 

「アトリエ山ノ谷」

ピュウデザインの自宅兼事務所です。竣工は2012年4月末
6年が経過し、土間コンの床、床暖の調子はどうか?
壁天井の漆喰、塗装の具合はどうか?
外壁は?タイルは?食洗機が最近調子悪い
などなど、経年の変容がいかなるものかなどのお話を交えつつ、
飾らず、生活のありのままを内覧いただければと思っております。

メインイベントがTRUNKSHOWなので、少人数でのご案内になります。
お申し込みなく、当日参加の場合は、お申し込み者様優先でご案内させていただきますので、
お待ちただく場合があります。

竣工物件のオープンハウスがしばらく行えていないことと、次回の予定が秋までないため
ぜひこの機会を参考にしていただければと思います。

文京のいえ

配筋検査でした
なかなかのサイズ

変な寸法があると、変なミスが起こる

見えないところの小数点以下は必要な美にさえ繋がると思うけど、伝達ツールとしての寸法はできるだけ
キリよく、根拠のわかりやすいものにすべきかと思います。

やっぱりね。

変な寸法のところが、普通のグリッドに乗った寸法に変換され配筋されてた。

もちろんそこは手直し。
よかったよかった。

風と木のいえ

地鎮祭でした

風と木のいえ

建物も家具もライフスタイルも
楽しみの多い家になります。

鎌、鍬、鋤

台も含め全て工務店さんの手作りでした。

なかなか感動的。
鋸とサンダー(グラインダー)のみで作ったそうです。

10月竣工予定

その日は雨でした

先日の打ち合わせ
赤松町のいえのガレージ竣工に合わせてのアプローチの提案。
打ち合わせの合間にスケッチして。
なんだかんだこれが一番伝わる気がします。
もう完成してるかな。
木々芽吹き、花咲く庭を見に行かねば。

文京のいえ

打ち合わせ初期に頂いた、発案書「息子Ver.」「嫁Ver.」「母Ver.(父案含む)」
そこから始まって、1年以上経ちいよいよ着工です。

色々な関わり方がある中で、こんな感じのちょっと引くくらい(笑)の想いも、それだけ強い気持ちを持ってきて頂いたんだなということに気づき、喜びさえ感じます。もちろん、そこには柔軟さが伴うからこそ。
また、逆に少ない要望で、大半を任せ委ねていただける場合も嬉しく思います。
どんなケースでも、しっかりと意見を交換し、いかに想いを共有できるかが大事なんだなと改めて思いました。

今日は家具の打ち合わせに参加。
豊富な要望を叶えるため、やっとここまできたんだと深く感慨にひたります。

雲ひとつない

文京のいえ
地鎮祭でした。
雲ひとつない青空
当初予定の二世帯住宅に、さらに1棟、離れの計画も加わり、
計三世帯の住宅です。
もちろん総コストは上がります。
設計料だって上がります。
でも暮らしの環境も向上します。
敷地を取り囲む中で、関係性と空間が、とても良くなりそうです。

10月末頃、竣工を目指します。

TRUNK SHOW 2018 SPRING

NOTAさんのTRUNK SHOW 春コレ やります。
オーダー会ではないです!と強めに言いたい。
オーダースーツってどんな感じ?
ってのを見にきていただくための企画ですので
ふらっと来てふらっと手ぶらで帰る、そんな感じでOKなんです。

でもーーー

その他イベントも同時に企画していますので、ぜひそちらもお楽しみに!

2018年4月28日(土)
11:00〜16:00

GW初日の楽しみです。

なんかよくてね

山ノ谷オフィスと分室due
分室って言っても、ほぼ僕の部屋と化しています。。。

今日は、午前、山ノ谷で諸々確認したり指示したり。
ちょっと仕事をし、食後にdueへ。
集中して仕事をするのが目的ですが、仕事への集中とは別に、少し先に飛んでの目標とか展望とか。
そういうことにも想いを馳せる時間が得られる空間になっていきつつあります。

ただ、本来の目的は制作室なので、模型を作る時、試作などを作る時、絵を書いたり、アイデアを可視化したりする作業はこっちに来てやります。
2年半前にそんな場所が欲しいと思い、縁あって借りられた場所。
手を動かし形を探る場所として、本当はいろんな人に使って欲しいから、今後企画も起こしていこうかなと。

散らかし、ふわっと浮かんでくるアイデアとか、そういうものが見つかりそうな、そんな感じがなんかよくて

文京のいえ

こちらも解体が始まりました。
建物を解体すると、今まで見えていなかった屋根とか空とかが見えてきて景色が変わるはずなんですが、ここはあまりその印象が変わらない。不思議。
逆にもともとそこにない建物を建てることも、そこの景色を変える。
景観に馴染む場合もあれば、そこの環境をも変えます。
責任があるとまでは言わないものの、人とか街にとって大切なことをしているんだなと思います。
景色があまり変わらないこちらの物件も、壊れていく建物の残骸を見ていると寂しい気持ちになりますね。

文京のいえ
10月末頃完成を目指します。
また、離れも同時に建てることになり2物件同時に進行します。

卓球と喫茶

まずは水道工事から。
ちょっとイレギュラーな工事の進め方です。
考えながら、できるところをできるところから進めて行く。
なので、予定が立てられず「工期」というものを設けられません。
つまり、いつまでに「完成」「引き渡し」などの条件付けがなく、手の空いた時にするお手伝いのような感じです。
一つの工程を終えて、「はい、じゃあ次はどうしよっか」っていう、のんびりとした、でも追われることなくじっくり進めるスタイルの現場です。
この次は一部造作。
少しづつですが、ケーキと喫茶と卓球のお店が出来ていきます。
事務所から5分。近い。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ