HOME > Blog > 四年目のそれ

Blog

< 今日の仕事場  |  一覧へ戻る  |  大波板とトップライト >

四年目のそれ

友人建築家が突然電話して来て、土間のクラック見せて欲しい、と。
計画中のプランの参考にクラック具合を見たいとの突撃訪問でした。
「割れる」とか「錆びる」とか、伸びたり縮んだり、色落ちしたり。
そういった現象をネガティブに受け取らずむしろ楽しめるお施主さんが多いピュウデザインです。

そして、わが家のクラックも、もう4年目。
コンクリート埋設型の床暖房を仕込んだ、土間コンクリート仕上の床。
クラックのほとんどは、引き渡しを待つ事もなく、乾燥に伴ってピシピシと入ります。
宿命に近い収縮クラックですが、大小あるそのひび割れも建物完成時にはほぼ完成したものになっていました。
住まい手の性格による部分もあるかもしれませんが、生活に支障もなく、むしろ個性豊かなクラックには、愛着すら湧いて来ます。


< 今日の仕事場  |  一覧へ戻る  |  大波板とトップライト >

このページのトップへ