Blog

2024.2.21 222

ねこのいえ

薄暗さすらあるダイニング

テーブルと椅子、照明諸々が入ってようやく成立します

その奥には、対照的に明るいリビング

明暗の差の大きい空間は、それの中間となる部分がとても綺麗だなと思います。


2024.2.10 mequi

mequiの装飾パネル、paletteのパッケージができました

4月からいよいよウェブショップ等で購入が可能になります

以前は建築以外の仕事もよくやっていましたが、久しぶりに参加したこういう計画もやっぱり面白いですね


空間の装飾のためのパネルとして長方形パネルを生産中ですが、その先行部隊の六角形と三角形のパターンは、ポピュラーでキャッチーなアイテムとして手に取りやすいものにしています。


mequiホームページ

https://mequi.jp/


インスタグラム

https://www.instagram.com/mequi_insta/


2024.2.1 2月

もう2月

大学の授業のないこの時期は急に時間の余裕ができ、ほったらかしの確定申告に向けての帳簿業務を必死になってやれます。

合わせて今年度は自治会の班長だったので、その引き継ぎに向けて地域の班長の履歴を追っていったら、これがなかなか面白かった

極小の単位のコミュニティの必要性が問われる中、能登半島地震が起こったばかりで、改めて考えさせられる地域の付き合い、助け合いは、無還元だと敬遠する理由は無く、無償の関係性として当たり前にあってもいいような気がしますが。


今年20年目を迎えるピュウデザイン

断捨離と初心が今年のテーマ

今まで積み上げてきたものは大切にしつつ、心新たな気持ちで進めるように動いていきたいと思っています


2024.1.24 小屋の計画

小屋の計画


小さい箱の連結で作る小屋

アイソメかわいい

素材別に色分けしたらイモ虫みたいになりました


2024.1.19 スペーシングいろいろ

スペースの取り方もいろいろです


新たに始まったオフィスのプランでは、仕切らずに境界を設定していくプランを提案しています

傘をさした時に出来る、自分を中心とした傘の広さ分のスペース

そこに境界を感じられるのは、コロナ禍中の猛暑の際に日傘が担った役割でも経験し話題になりました


大きな傘、小さな傘、みんなで入れる傘、相合傘

これら、傘の下で過ごすスペース

傘を折りたたみ、晴天の下に立つ晴れやかなスペース

そういった計画にできたらと思っています


2024.1.18 白もグレーも色々

白もグレーもいろいろです

周囲の造作や色の対比によっても、床の色や素材によっても

もちろん照明や開口部の大きさなど、いろんな条件によって、見え方も変われば面積による明度彩度も変わってきます

その中で色を選ぶということの最適解は、もちろん一つでもなく

何を大事にするかの優先順位で決まるようなものだと思います。

例えば「ピュウさんらしい色」とかって言われるようなシーンがあったりもしますが、特殊な色を使っているわけでもなく、ただ全体の空気感の中で、らしさと言うものが出ているのだとするとそれはとても面白いなと思います

同じような造作、色、間取りであってもひとつ一つの、細かく目に見えないような部分にする気配りや選択によってオリジナリティはできていくのだと信じているのは確かです。


2024.1.6 222ねこのいえ

名古屋市内

222ねこのいえ

猫と暮らすことをのプラスとマイナス

その両方を大切にしつつ、

猫主体にならない距離感を保った計画の住宅です

2月22日竣工を目指して、年明けは仕上げ工事から


2024.1.2 明けましておめでとうございます

福岡県福岡市

三苫のいえ

はじまります


今年もよろしくお願いいたします


2023.11.29 ねこのいえ

ねこの部屋
の小部屋


2023.11.19 生成AI

滋賀県蒲生郡日野町のいえ
スタディ模型を見ながらの打ち合わせでした。
最近はzoomで打ち合わせすることが多い中、模型は写真か動画でしか見てもらえないので、撮ったついでにフォトショップのAI画像生成で背景を付けてみました。
それっぽい!向こう側にある家もついでにいい感じ!
使ってみると、なんでもありなわけでもないし、ちょっと雰囲気違うんだよなーって思う反面、お!と思える雰囲気にまで近づける事も。しつこく生成し続ければそれっぽくなるようです。
ですがそれはあくまで「それっぽい」

「それっぽい」ではなく、人の手によるものでしか成し得ない、滲み出るそれを作っていきたいなと思います。


2023.11.6 リノリウム

どれにしようか

ねこちゃんの部屋に敷かれるリノリウム
ここには載せていない柄がまたおもしろい
全てが天然素材でできているサスティナブルな素材です


2023.11.5 222猫のいえ

ねこのいえ、進みます
二階建ての一階に、敢えて施した山あり谷ありの天井
空間に動きと陰影をもたらします


2ヶ月おきの更新はここまで!
目の調子も良くなったし、頻度を上げて更新していきます!


2023.9.8 Wanderlust SHIMA

ちょうど一年前から計画を進めた貸別荘
Wanderlust SHIMAがいよいよオープンです
夏も終わりですが、これからさらにいい季節に移り変わり、冬の過ごし方も楽しみながら
次の夏また海へ
楽しみでなりませんが
また泊まれる時が来るのか、それが問題です
instagram→


https://wanderlust-villa.com/


2023.7.4 オープンハウスのお知らせ

◉予定していたオープンハウスですが、7月25日をもって締め切りさせていただきました


「千種のいえ」オープンハウスのお知らせです


7月29日土曜日 11:00〜16:00(撤収)

名古屋市千種区日岡町


今回は少しだけ限定的に参加条件を設けました

・設計の相談を予定されている方

・現在、当事務所にて計画中のお施主様

・これまでに設計させていただいたお施主様

・その他ピュウデザインと何かしら関わりのある方、知人


以上参加条件に該当し、参加ご希望の方は、Contact のフォームにて以下ご記入の上お申し込みください。


1・フォーム内必須項目
2・
電話番号(当日のご連絡先)
3・お住まい
4・お問い合わせ内容に、オープンハウス希
望 と だいたい予定の時間帯、参加人数


ご記入内容確認できましたら折り返し、詳細情報ご案内させていただきます

以下、注意事項をご確認いただき、ご理解の上ご参加下さいますようお願いいたします。


・感染症対策等に関してのマスク着用は個人の判断とさせていただきます

・12才以下のお子様のご入場、4名以上の参加は不可とさせていただきます

・引き渡し前の住宅での内覧となります。見学の際は内装等への配慮を十分していただきます様お願いいたします。

・写真撮影、SNS等への投稿は、個人情報、プライバシーの保護に十分ご配慮ください

・16時撤収となりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

・駐車スペースはありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。


不明な点などあればお問合せくださいください

よろしくお願いします


2023.5.31

222のいえ

にゃんにゃんにゃん
ねこのいえ

地盤改良
20年前は当たり前じゃなかった
今では当たり前の工事始め

来年2月22日竣工を目指します

2023.3.15 オープンハウスのお知らせです

「垂井のいえ」オープンハウス &「季の菓」special open day!!

のお知らせです


久しぶりの開催です!

また、オープンハウスに合わせて、季の菓さんのお菓子もぜひお楽しみいただけたらと思います


季の菓さんのお菓子の販売については、詳細別となります

季の菓さんインスタグラムをご確認ください

https://www.instagram.com/toki_noka/


予定は以下の通りです


4月16日日曜日 11:00〜16:10

岐阜県垂井町


11:00〜11:40 ×
11:45〜12:25 ×
12:30〜13:10 ×
13:15〜13:55 △

14:00〜14:40 ×
14:45〜15:25 ×
15:30〜16:10 ×



各時間帯で2組までとさせていただきます

空き状況は随時更新いたしますので、ご確認の上お申し込みください

○ 空きあり

 残り1組
× 満員のため選択不可です(追加可能かお問合せください)


参加ご希望の方は、Contact のフォームにて
1・フォーム内必須項目
2・電話番号(当日のご連絡先)
3・お住まい
4・お問い合わせ内容に、オープンハウス希望 と ご希望の時間帯、参加人数をご記入下さい

折り返し、詳細情報ご案内させていただきます


以下、注意事項をご確認いただき、ご理解の上ご参加下さいますようお願いいたします。


・コロナウィルス対策等に関して、マスク着用は個人の判断とさせていただきます

・12才以下のお子様のご入場、4名以上の参加は不可とさせていただきます

・引き渡し前の住宅での内覧となります。見学の際は内装等への配慮を十分していただきます様お願いいたします。

・写真撮影、SNS等への投稿は、個人情報、プライバシーの保護に十分ご配慮ください

・外観、アトリエ周り、お菓子の撮影及びSNS投稿はOKです

・予定時間にお越しいただけない場合人数制限の都合上、参加できなくなりますのでご了承ください。

・近隣に駐車スペースが限られておりますので、状況によりお待ちいただく場合がございます。


不明な点などあればお問合せくださいください

よろしくお願いします



2023.1.29

千種の住宅

27日雪の降るなかの建方でした
水分の多い雪に足元が良くない上
三角の平面に、勾配に掛かる梁と母屋
なかなかすんなりといかない作業に、翌日の28日も丸々かかった棟上げとなりました
平面も立面もインテリアも完成が楽しみな住宅です
初夏、竣工を目指します

2023.1.2

松戸のいえ

年末の引き渡しから、約一週間
引き渡しはしたけれど、まだ終わっていない部分が多々あり
まだ数回現場に行く予定です

24.5坪のコンパクトな住宅
千葉という遠方の現場でしたが、ピュウっぽさとお施主さんらしさをうまく形作れたと思います

随所に漂う細部のピュウ風味をお施主さんが気に入ってくれていることには本当に感動しました
なかなか言葉で表すことができない雰囲気の部分を感じ取れるお施主さんと話せたことは本当に面白い
とても小さな住まいですが、いろいろな暮らしのシーンがイメージできる優しい住宅になったと思います
家もご家族も健やかに育っていっていただけたらと思います

未完な年越しでしたが、素晴らしい新年を迎えられていたらと思います

2023.1.1

2023年 明けましておめでとうございます

息子の適当に描いたうさぎにハマったお正月

昨年できなかったこと、いよいよ始まったこと、これから始まること

楽しいことはもちろんですが、大変なことも困難なことも笑ってこなせるような面白い設計事務所を目指して
今年の目標としたいです

3年前のコロナの流行から、家づくりにはとてつもない変化がありました
コストの高騰はもちろん、打ち合わせのやり方、暮らし方、住まい方
さらにはエネルギーの考え方やそれに伴った建物の性能への要求
なかなかに家づくりとは大変なものだなと思います

そんな様々なことを考え作らなければならない事も、そもそも設計というものはそういうものだったんだと思っています。
時にコロナは新しい時代へのきっかけであった事も事実

暮らし方、住まい方そのものを見直し、家づくりそのものをあらためて大切に考えていける様にと願います。

様々な側面から物事を考え、一人一人の住まいは当然二つとないものとしてあるようにできるよう、住まいの設計をより丁寧に楽しくやっていけたらと思います。

今年もよろしくお願いします